子どもは誰を見て成長するのか?

子どもは親の真似をする。

我々大人にも子どもだった時期があります。その時、誰と長く生活を共にしましたか?

ほとんどの人にとっては親じゃないでしょうか?

子どもは親の後ろ姿を見て成長します。親が何か一生懸命に取り組んでいたら、子どもにも良い影響を与える可能性があります。

しかし、親が子どもに勉強しなさいとだけ言って、親自身が何もしていなかったら、子どもたちはどう感じるでしょうか?

 

我々大人は学生時代に一生懸命勉強してきたから、大人になって勉強しなくても良い。という理屈は子どもに通用はしません。

なぜなら、子どもは親の学生時代を知らないからです。大人が勉強または学ばない所ばかりを見せていると、子どもたちはこう考えるかもしれません。

 

「大人になったら、勉強必要なくなるんだから、一生懸命やっても無駄じゃない?」「何のために勉強が必要なの?」

 

子どもは口には出さないかもしれませんが、似たようなことは思っているかもしれません。

 

子どもを変えたかったら、親自身が変わるべき

親にとって耳が痛くなる話かもしれませんが、自分が変化しないのに子どもに変化しろ!!というのは筋が通らないでしょう。

 

子どもが勉強しないんですよね・・と相談してくる保護者の方もいますが、大人になっても勉強は必要なんだぞ!!という姿勢を見せているでしょうか?テレビやスマホばっかり見ていませんか?

本気で子どものことを考えているなら、まずは親が変わる努力をしなければいけません。

 

学校や塾に行かせているから大丈夫でしょ!!という考えを持っているうちは、子どもは変わらないかもしれません。

 

まずは、親が行動する所から始めましょう!!

札幌市清田区清田にある個別指導塾
個別指導学院ウィズダム
sapporo-wisdom.com


〒004-0844
札幌市清田区清田4条3丁目2−1
TEL:011-802-5935

お気軽にお問い合わせください