2022年高校入試について※超重要※

新中3から新形式の入試になります。

詳細は教育委員会のリンクを貼っておくので、各自で確認してください。

 

※概要※

 

※リーフレット※

 

※サンプル問題※

 

入試形式が変更されてもやることは一緒

サンプル問題を見る限りだと、受験に必要な知識は今までと変わりないように感じます。

 

変わった点としては、資料の読取+従来の知識を問う問題が多いように感じます。

 

最近では、思考力・判断力・表現力が大事になってくると言われていますが、本質(必要な知識・身につける知識)は変わりない。と個人的に感じています。

 

本質がわかっていないと、様々な情報に惑わされてしまい、無駄な焦りや不安だけが残ります。

 

英語を例に出しますが、英語はどこまで行っても英語です。

 

「何言ってるんだ、こいつ?」と思う方もいるかもしれませんが、入試だから特別な文法が出てくる訳ではありません。

 

現在でも使われている英語には変わりありません。なので、入試が変わったから特別な対策をしなきゃいけない!!と考えている人たちは要注意です。

 

サンプル問題を見て頂ければわかるように、助動詞のwillやLet’s+動詞の原形などが出てきていますが、これは僕が中学生だった頃(およそ20年前)から勉強している内容です。

 

以上のことから、入試の形式が変わってもやることは大して変わらない。という個人的な考えでした。

 

サンプル問題を見て、選択問題よりも記述形式の問題が増えているなぁ・・と感じただけです。

 

今の学生にとって重要なことは、より正確な知識の運用が求められるのは確実だと思います。

 

選択問題の場合は運よく正解することが出来ますが、記述式の問題になると運でどうにかなりません。

 

厳しい言い方になってしまいますが、入試形式が変更になって騒いでいる人たちは単純に勉強不足です・・

 

 

札幌市清田区清田にある個別指導塾
個別指導学院ウィズダム
sapporo-wisdom.com


〒004-0845
札幌市清田区清田4条3丁目2−1
TEL:011-802-5935

お気軽にお問い合わせください